【インドネシア基本情報】人口が多い理由やなぜ首都移転するか解説

インドネシアは近くて遠いASEANの国です。

そこで今回はインドネシアに関する基本情報を、経済成長の理由や飛行機事故や地震が多い理由とともに簡単に分かりやすく説明します。

インドネシアの基本情報

項目 内容
国名 インドネシア共和国(Republic of Indonesia)
首都 ジャカルタ
面積 約192万平方キロメートル
人口 約2.67億人(2019年)
人種 マレー系
宗教 イスラム教 87.21%
キリスト教 9.87%(プロテスタント 6.96%、カトリック 2.91%)
ヒンズー教 1.69%
仏教 0.72%
儒教 0.05%
その他 0.50%
言語 インドネシア語
通貨 ルピア
日本との時差 ジャカルタ:日本より2時間遅い
バリ:日本より1時間遅い
パプア:日本と同じ

インドネシアはマレーシアやインドネシアの南に存在します。

オーストラリアとも国境を接していて、ほぼ南半球に位置しているのが分かります。

なぜ首都移転するのか?

2019年にインドネシアのジョコ大統領は、ジャカルタから東カリマンタンのバリクパパン近郊に首都移転を行うことを発表しました。経済活動の中心地はジャカルタのままですが、首都移転に行ったった理由は以下の通りです。

  1. ジャカルタのインフラ需要を低下させるため
  2. ジャカルタのあるジャワ島とほか地域の経済格差を是正するため

ジャカルタで経済活動を行う人が増えたことでジャカルタが渋滞、人口増加したので、それを解消するために首都移転します。また、ジャワ島とそれ以外の地域の経済格差を是正するのも目的です。

また、バリクパパン近郊が候補地として決まった理由は以下の通りです。

  1. 自然災害の少ななさ
  2. インドネシアの真ん中にある
  3. 地方都市に近い
  4. 既存のインフラが利用可能
  5. 未開発の利用可能な土地がまだある

インドネシアに人口が多い理由

インドネシアは日本と異なり人口増加が問題となっています。

この背景には貧困層に属する10代女性の出産増加があります。2014年のデータでは、結婚時の男女の年齢が19歳以下なのが全体の45%でもあり、避妊をしないなど家族計画をしっかりとまだ考えられるほど社会が発達していないのが問題となっています。

インドネシアが経済成長・発展した理由

インドネシアが経済成長・発展した理由は以下の通りです。

  1. 製造業とサービス業の発展
  2. 内需がインドネシアの経済成長を支えた

インドネシアでは製造業やサービス業が発展し、それに伴って雇用が増大しました。また、所得が増加したため、国内の消費人口も増加したことでインドネシア経済の発展へとつながります。

個人消費がインドネシアのGDPの6割を占めているので、今後も国民の所得が増加すれば大きなマーケットになるでしょう。

インドネシアの鉄道

日本の鉄道が走るインドネシア

インドネシアでは、日本で使われていた中古車両の電車が使用されていましたが、政府が車両を国産化推進する関係で一旦日本の車両の導入が終了しました。

2010年ごろは天井に人が乗って走るくらい満員のまま走っていたほどです。

インドネシアの新幹線は国際政治の焦点

インドネシアでは、2015年にジャカルタとバンドン間の150Kmを新幹線で結ぶ計画が発表されました。日本と中国が高速鉄道システムの売り込みを行った結果、費用の安い中国案を採用しました。

2019年の開業予定でしたが、2021年1月で作業の進歩状況は65%ととても遅れています。その背景には、中国とインドネシアの間で書類等のやり取りが言語上のトラブルで進まないというのがありました。

また、高速鉄道計画とは別に、インドネシアが日本と一緒に在来線を高速化させる計画もあります。しかし、インドネシア政府は中国へ参加の要請をしました。背景には財政的なバックアップをもらいたい狙いがあります。

3ヶ国の思惑がどう変わるか注目です。

インドネシアは地震が多い

インドネシアは地震が多いです。日本も地震が多いですが、インドネシアでも地震が多く日本以上の広範囲で大きな地震が発生しています。

たとえば、2004年にはマグニチュード9.1 で死者22万人を出したスマトラ島沖地震が発生しています。その後も、数年単位で大地震が起きているので、地震のリスクは避けられません。日本のようにきちんとした耐震の制度設計をすることが求められます。

インドネシアは飛行機事故事故が多い

インドネシアでは、飛行機の墜落事故が多いです。その理由は以下のような側面があるからです。

  1. 黎明期の航空業界に規制や監視を行う体制がなかった
  2. 格安航空会社が台頭して国内移動の一般的手段となったから

1990年代に経済が自由化されましたが、その時に航空業界に規制や監視を行う体制が存在しませんでした。そして、効率的で安全な交通インフラがない状態でLCCが台頭して人々の移動のツールとなり飛行機の本数も多くなり事故の数も増えました。

ちなみに、エアライン レーティング・ドットコムの編集長で航空専門家のジェフリー・トーマス氏、はインドネシアの航空体制は改善に向かっていると言っています。

2016年にはインドネシアが国際民間航空機機関の安全基準を満たしているとアメリカ連邦航空局が判断しています。

まとめ

今回はインドネシアについてご紹介しました。

インドネシアは発展の最中であり、成長を感じるエネルギッシュな国です。

飛行機事故や地震も多いですが、人口も増加していますね。

ぜひ、参考にしてみてください。

10分で1冊読書して教養を深めるなら「flier(フライヤー)」

本の要約サービスflierフライヤーは本の要約を紹介するサービスです。1冊の本を10分で読めるように内容を要約しています。

たとえば、以下の内容です。

  • 本を全部読むのがめんどくさい
  • 読書をする時間がない

こういった悩みを抱えている人にぴったりの時短読書ツールです。

さらにflier(フライヤー)にはこのようなメリットがあります。

  1. 2000冊以上の要約がある
  2. すべての要約は出版社や著者からの許諾を取得済み
  3. 会員数30万人超えの最大大手
  4. プロのライターが要約を行う
  5. 要約を音声で聞ける
  6. 料金がたったの月額500円〜

ぜひ、この機会にお試しください!

一冊10分で読める! 本の要約サービス【フライヤー】

中国の知的財産権侵害が話題になっています。 知的財産権とは、物やアイデアなどには財産的な価値があるという権利のことです。 この知的財産権がなぜ中国によって侵害されたことになっているのでしょうか。 簡単にわかりやすく解説します。 目次 1 中国の知的財産権侵害とは1.1 アメリカが中国の知的財産権侵害 […]

中国は日本に近くて、人々の交流も盛んです。 しかしながら、政治体制が異なっているということを聞いたことはありませんか。 そこで今回は中国の政治について簡単にわかりやすく説明します。 目次 1 中国の政治の仕組みを簡単に理解1.1 中国の政治体制をわかりやすく理解1.2 中国のトップは誰?1.3 中国 […]

南北朝鮮の統一は韓国と北朝鮮がひとつの国家になることです。 しかしながら、朝鮮戦争が今でも継続している上に、韓国と北朝鮮の間にさまざまな問題があって統一には至っていません。 そこで今回はこの朝鮮統一問題について、可能性やメリット、デメリットなどについてわかりやすく説明します。 目次 1 南北朝鮮の統 […]

鄧小平は改革開放運動を行い、中国を近代化に導いた人物です。 その鄧小平はどういった人物で、どのような理論や政策を唱えたのでしょうか。 また、日中関係の基盤となった鄧小平の来日はどのようなものだったのでしょうか。 詳しくみてみましょう。 目次 1 鄧小平とは1.1 鄧小平の身長2 鄧小平の理論「先富論 […]

今回は香港の民主化の女神と言われる周庭さんについて解説します。 メディアでも「可愛らしい」と取り上げられる彼女ですが、一体何者なのでしょうか。また、逮捕されたという情報がありますが、現在は何をしているのでしょうか。詳しく迫ってみましょう。 目次 1 周庭の現在2 周庭のプロフィール3 周庭の経歴3. […]

今回は香港の有名人を紹介します。 香港はエンタメが優れているので、著名な人がたくさんいます。 そこで今回は名前の知られた香港の有名人、香港で有名な日本人についてご紹介します。 目次 1 香港の女性有名人1.1 アグネス・チャン1.2 ケリー・チャン1.3 アンジェラ・ユン2 香港の男性有名人2.1 […]

今回は中国の環境問題について解説します。 地球温暖化などの問題が議論される世の中ですが、環境問題には中国の協力が大切だとも言われています。 目次 1 中国の環境問題の現状1.1 中国の環境問題はコロナで改善?2 中国の環境問題に対する取組みと対策3 中国で環境問題が発生した原因4 中国の環境問題の日 […]

日米関係はどういった過去を辿ってきたのでしょうか。 また、現在の日米関係はどういったもので、問題点や課題はあるのでしょうか。 簡単にわかりやすくご説明します。 目次 1 第二次世界大戦までの日米関係1.1 17世期初頭から間接的な交流が始まる1.2 日本が開国しても対等とはみなされず1.3 太平洋戦 […]

経済特区とは、経済発展のために法的に特殊な位置づけにされている地域のことです。 中国はこの経済特区を中心として発展してきました。 この経済特区はどこにあって、具体的にはどのような効果があるのでしょうか。 そこで今回は中国の経済特区についてわかりやすくご紹介します。 目次 1 中国の経済特区とは?2 […]

中国は経済力がとても大きく、国内経済だけでも大きな規模があります。 中国の産業はどういった構造になっていて、どのような特徴があるのでしょうか。 また、有名産業は何なのでしょうか。 今回はそのあたりを踏まえながら、中国の産業について簡単にわかりやすく説明します。 目次 1 中国の産業の様子について解説 […]

最新情報をチェックしよう!