【インドネシア基本情報】人口が多い理由やなぜ首都移転するか解説

インドネシアは近くて遠いASEANの国です。

そこで今回はインドネシアに関する基本情報を、経済成長の理由や飛行機事故や地震が多い理由とともに簡単に分かりやすく説明します。

インドネシアの基本情報

項目 内容
国名 インドネシア共和国(Republic of Indonesia)
首都 ジャカルタ
面積 約192万平方キロメートル
人口 約2.67億人(2019年)
人種 マレー系
宗教 イスラム教 87.21%
キリスト教 9.87%(プロテスタント 6.96%、カトリック 2.91%)
ヒンズー教 1.69%
仏教 0.72%
儒教 0.05%
その他 0.50%
言語 インドネシア語
通貨 ルピア
日本との時差 ジャカルタ:日本より2時間遅い
バリ:日本より1時間遅い
パプア:日本と同じ

インドネシアはマレーシアやインドネシアの南に存在します。

オーストラリアとも国境を接していて、ほぼ南半球に位置しているのが分かります。

なぜ首都移転するのか?

2019年にインドネシアのジョコ大統領は、ジャカルタから東カリマンタンのバリクパパン近郊に首都移転を行うことを発表しました。経済活動の中心地はジャカルタのままですが、首都移転に行ったった理由は以下の通りです。

  1. ジャカルタのインフラ需要を低下させるため
  2. ジャカルタのあるジャワ島とほか地域の経済格差を是正するため

ジャカルタで経済活動を行う人が増えたことでジャカルタが渋滞、人口増加したので、それを解消するために首都移転します。また、ジャワ島とそれ以外の地域の経済格差を是正するのも目的です。

また、バリクパパン近郊が候補地として決まった理由は以下の通りです。

  1. 自然災害の少ななさ
  2. インドネシアの真ん中にある
  3. 地方都市に近い
  4. 既存のインフラが利用可能
  5. 未開発の利用可能な土地がまだある

インドネシアに人口が多い理由

インドネシアは日本と異なり人口増加が問題となっています。

この背景には貧困層に属する10代女性の出産増加があります。2014年のデータでは、結婚時の男女の年齢が19歳以下なのが全体の45%でもあり、避妊をしないなど家族計画をしっかりとまだ考えられるほど社会が発達していないのが問題となっています。

インドネシアが経済成長・発展した理由

インドネシアが経済成長・発展した理由は以下の通りです。

  1. 製造業とサービス業の発展
  2. 内需がインドネシアの経済成長を支えた

インドネシアでは製造業やサービス業が発展し、それに伴って雇用が増大しました。また、所得が増加したため、国内の消費人口も増加したことでインドネシア経済の発展へとつながります。

個人消費がインドネシアのGDPの6割を占めているので、今後も国民の所得が増加すれば大きなマーケットになるでしょう。

インドネシアの鉄道

日本の鉄道が走るインドネシア

インドネシアでは、日本で使われていた中古車両の電車が使用されていましたが、政府が車両を国産化推進する関係で一旦日本の車両の導入が終了しました。

2010年ごろは天井に人が乗って走るくらい満員のまま走っていたほどです。

インドネシアの新幹線は国際政治の焦点

インドネシアでは、2015年にジャカルタとバンドン間の150Kmを新幹線で結ぶ計画が発表されました。日本と中国が高速鉄道システムの売り込みを行った結果、費用の安い中国案を採用しました。

2019年の開業予定でしたが、2021年1月で作業の進歩状況は65%ととても遅れています。その背景には、中国とインドネシアの間で書類等のやり取りが言語上のトラブルで進まないというのがありました。

また、高速鉄道計画とは別に、インドネシアが日本と一緒に在来線を高速化させる計画もあります。しかし、インドネシア政府は中国へ参加の要請をしました。背景には財政的なバックアップをもらいたい狙いがあります。

3ヶ国の思惑がどう変わるか注目です。

インドネシアは地震が多い

インドネシアは地震が多いです。日本も地震が多いですが、インドネシアでも地震が多く日本以上の広範囲で大きな地震が発生しています。

たとえば、2004年にはマグニチュード9.1 で死者22万人を出したスマトラ島沖地震が発生しています。その後も、数年単位で大地震が起きているので、地震のリスクは避けられません。日本のようにきちんとした耐震の制度設計をすることが求められます。

インドネシアは飛行機事故事故が多い

インドネシアでは、飛行機の墜落事故が多いです。その理由は以下のような側面があるからです。

  1. 黎明期の航空業界に規制や監視を行う体制がなかった
  2. 格安航空会社が台頭して国内移動の一般的手段となったから

1990年代に経済が自由化されましたが、その時に航空業界に規制や監視を行う体制が存在しませんでした。そして、効率的で安全な交通インフラがない状態でLCCが台頭して人々の移動のツールとなり飛行機の本数も多くなり事故の数も増えました。

ちなみに、エアライン レーティング・ドットコムの編集長で航空専門家のジェフリー・トーマス氏、はインドネシアの航空体制は改善に向かっていると言っています。

2016年にはインドネシアが国際民間航空機機関の安全基準を満たしているとアメリカ連邦航空局が判断しています。

まとめ

今回はインドネシアについてご紹介しました。

インドネシアは発展の最中であり、成長を感じるエネルギッシュな国です。

飛行機事故や地震も多いですが、人口も増加していますね。

ぜひ、参考にしてみてください。

10分で1冊読書して教養を深めるなら「flier(フライヤー)」

たとえば、以下の内容です。

  • 本を全部読むのがめんどくさい
  • 読書をする時間がない

香港は中国とイギリスの文化の両方の影響を受けながら発展してきたので、独特な文化が特徴的です。 そこで、今回は香港文化の特徴、イギリスの影響を受けた文化、日本との違いについてわかりやすく簡単にご説明します。 目次 1 香港の文化の特徴1.1 食事した後に片付けない1.2 クーラーが効きすぎ1.3 テー […]

今回は香港と中国の関係や違いについて分かりやすくご説明します。 日本から見れば、香港と中国は近い位置にありますが、なぜ大規模なデモなどが発生したのかというと、香港と中国の文化や習慣の違いや両者の関係性に答えがありました。 それでは早速見ていきましょう。 目次 1 香港と中国の関係 1.1 香港は中華 […]

韓国は徴用工問題で徴用工像を作ったり、写真を使って小学生に歴史教育をさせたりしています。 その徴用工問題とは一体どういったものだったのでしょうか。また、ニュースでよく見る現金化とは何なのでしょうか。 今回は徴用工問題について簡単にわかりやすく解説します。 目次 1 徴用工問題とは1.1 徴用工問題は […]

今回は台湾の経済についてご紹介します。 台湾経済の歴史から台湾経済の現状、問題点まで分かりやすく解説します。 目次 1 台湾経済の基本情報1.1 日本より豊か!?1.2 韓国と比べると?1.3 台湾経済の強み1.4 貿易について1.4.1 輸入1.4.2 輸出2 台湾経済史3 日本との経済関係4 台 […]

今回は中国の歴史について簡単にわかりやすくご紹介します。 4000年以上の歴史があって、中国のことを知りたいと思っても複雑で大変ですよね。 早速、見ていきましょう。 目次 1 中国の歴史年表2 夏(紀元前1900年~1600年)3 殿(紀元前1600年頃~1046年)4 西周(紀元前1046年~77 […]

鄧小平は改革開放運動を行い、中国を近代化に導いた人物です。 その鄧小平はどういった人物で、どのような理論や政策を唱えたのでしょうか。 また、日中関係の基盤となった鄧小平の来日はどのようなものだったのでしょうか。 詳しくみてみましょう。 目次 1 鄧小平とは1.1 鄧小平の身長2 鄧小平の理論「先富論 […]

韓国の次期大統領選挙は2022年3月に行われます。 現在の文在寅政権からの流れはどうなっていて、候補者たちはどういった人物なのでしょうか。 また、日韓関係にはどのような影響がありそうなのでしょうか。 簡単にわかりやすく解説します。 目次 1 韓国の次期大統領選挙の候補者1.1 尹錫悦(ユン・ソンヨル […]

天安門事件は中国語で六四天安门事件(liùsì tiānānmén shìjiàn:リゥスーティエンアンメンシージエン)と言います。 この天安門事件はどういった経緯で発生したどのようなできごとだったのでしょうか。 詳しくみてみましょう。 目次 1 天安門事件とは1.1 発生場所の天安門広場1.2 第 […]

今回は台湾の有名企業についてご紹介します。 台湾の主力産業は何で、よく聞くTSMCや鴻海(ホンハイ)、台湾経済を支えている台塑石化股分有限公司はどういった企業なのでしょうか。 詳しく解説します。 目次 1 台湾の産業構造の特徴2 台湾の有名企業3 TSMCとは3.1 TSMCのすごさと強み4 ホンハ […]

今回は中国の有名な食べ物をご紹介します。 中国料理には、どういった種類や特徴があるのでしょうか。 歴史やマナーと合わせて一緒に紹介します。 目次 1 中国料理一覧!有名な食べ物1.1 種類と特徴1.1.1 中国4大料理1.1.2 中国8大料理1.2 中国の茶文化2 中国料理と中華料理の違い3 中国の […]

最新情報をチェックしよう!