タイが抱える社会問題|農業や観光など現在の情勢のまとめ

タイは東南アジアの国であり、現地で暮らす日本人も多いです。

しかし、タイにはさまざまな社会問題が存在します。

そこで今回はタイの9つの社会問題についてご紹介します。

タイの社会問題9つ

観光:観光客が多すぎで観光破壊に

タイでは、観光客が増加しすぎて環境問題に発展しています。

2019年時点では観光客数が年間4000万人ですが、2030年には6500万人ほどに増加すると言われています。

そのため、サンゴの損傷、プラスチックなどのゴミ、過剰な下水による海の汚染といった問題が発生しています。

経済:地域の格差が大問題

タイ経済は地域の格差が問題となっています。

バンコク周辺部、製造業が集積する東部とその他の経済格差が大きく、都市部か地方向けの政策かで政治的な混乱につながっています。

政治:政情が不安定

タイは政治情勢が不安定で定期的に軍事クーデターが起こっています。また、それに伴い大規模なデモが発生してます。

旅行者であっても、政治的な運動に巻き込まれる可能性があるというのは、問題のひとつです。

教育:民族問題が教育格差になる

タイの国境付近とバンコクにはミャンマーからの移民労働者がいます。彼らは低賃金の労働にしか就けないため、子どもたちは教育を受けるのが困難です。

また、山岳民族でスラムに暮らす子供たちは両親が住民票登録をしていない場合もあり、出生証を持たないため法的に教育の機会を持っていない側面もあります。

麻薬:減らない麻薬事件

タイは薬物に関しての法律が非常に厳しくて最高刑は死刑です。

しかしながら、タイは薬物天国となっており、薬物依存者が300万人以上いると毎日新聞が報じています。ミャンマーで生産された覚醒剤がタイに流れ込んだり、ヤーバーと呼ばれるメタインフェタミンやカフェインを混ぜた覚醒剤が広まったりしています。

一方で麻薬で逮捕された人が多すぎて、刑務所のキャパシティを超えてしまい収容ができないという問題も抱えています。

交通:バンコクの渋滞がひどい

タイの交通問題としてあげられるのは、バンコクの交通事情です。インドネシア同様に渋滞が大きな問題になっています。

特に以下のようなことがバンコクの渋滞を作り出していると言われています。

  • 信号機が少ない
  • 道路がきちんと整備されていない
  • 自動車の数が急増している
  • 運転が荒くて事故が多い
  • 豪雨が多発して運転時に視界が悪くなる

民族:山岳部の少数民族が貧困に

タイには山岳部に少数民族がいます。

タイの少数民族は隣国である中国、ミャンマー、ラオスとの政治的、民族的な対立が理由でタイ政府から国民として正式に認められていません。2018年にニュースになったタイの洞窟事件の少年たちも無国籍者がいました。

国籍がないので公教育が受けられず、タイ語が話せないので薬物犯罪や生産業に従事せざるを得ない問題があります。

農業:生産性が低いタイの農業

タイは国土の40%が農地であり、国民の40%が農業関係者です。

しかし、農業の生産性が著しく低いです。その理由として農業関係者の教育レベルが低いことがあげられます。

農作物を売るための経済的知識や価格交渉などができないため、生産や出荷がうまくできません。

また、現在機械を使って農業のスマート化を推し進めており生産性の向上も期待されています。

水:汚染された水に注意

タイの水道水は飲む前提で作られていないので、配管がサビだらけなこともよくあります。そのため、旅行者も水道水を飲むべきではありませんが、川の水も同じように問題があります。

タイには川が多くありますが、同省公害管理局の2016年の調査によるとタイの主な川59ヶ所中、43%の川の水質は標準状態で34%の川の水質はよい状態です。一方で、 23%の川の水質は悪い状態です。

およそ20%が臭いなどの水質汚染が深刻ですが、水処理場の運営やメンテナンスがしっかりしていないことに加えて、川にごみを大量に捨てるなど国民の環境意識が欠落しているので改善にいたっていません。

まとめ

今回はタイの労働問題についてご紹介しました。

タイはバンコクを中心に経済発展を続けていますが、その裏には問題が存在します。

ぜひ、参考にしてみてください。

10分で1冊読書して教養を深めるなら「flier(フライヤー)」

本の要約サービスflierフライヤーは本の要約を紹介するサービスです。1冊の本を10分で読めるように内容を要約しています。

たとえば、以下の内容です。

  • 本を全部読むのがめんどくさい
  • 読書をする時間がない

こういった悩みを抱えている人にぴったりの時短読書ツールです。

さらにflier(フライヤー)にはこのようなメリットがあります。

  1. 2000冊以上の要約がある
  2. すべての要約は出版社や著者からの許諾を取得済み
  3. 会員数30万人超えの最大大手
  4. プロのライターが要約を行う
  5. 要約を音声で聞ける
  6. 料金がたったの月額500円〜

ぜひ、この機会にお試しください!

一冊10分で読める! 本の要約サービス【フライヤー】

タイは東南アジアの仏教国で独自の文化を持っています。 そんなタイの文化の特徴はどういったもので、文化遺産は何があるのでしょうか。 日本との文化の違いや、食文化と合わせてご説明します。 目次 1 タイ文化の特徴1.1 王様がいる1.2 仏教国である1.3 タイ中部は高床式住居1.4 みんなマイペース1 […]

タイは東南アジアの国ですが、日本の皇室のようにタイには王室があります。 しかし、政治体制は日本と異なっているところも多いです。 そこで今回はタイの政治体制や特徴、情勢を政治問題や政治の歴史と合わせてご紹介します。 目次 1 タイの政治体制と特徴1.1 王室の存在1.2 議会1.3 首相の任命2 タイ […]

タイは東南アジアに位置する国ですが、経済も良好に成長しています。 そんなタイの経済成長推移や状況、今後の見通しはどうなっているのでしょうか。また、特徴や課題は何でしょうか。 簡単にわかりやすく説明します。 目次 1 タイ経済の成長率推移2 タイ経済の状況と今後の見通し2.1 タイ経済の現状2.2 タ […]

タイは東南アジアの国であり、現地で暮らす日本人も多いです。 しかし、タイにはさまざまな社会問題が存在します。 そこで今回はタイの9つの社会問題についてご紹介します。 目次 1 タイの社会問題9つ1.1 観光:観光客が多すぎで観光破壊に1.2 経済:地域の格差が大問題1.3 政治:政情が不安定1.4 […]

タイは東南アジアで植民地にならなかった国家です。 そんなタイは歴史上にどんな王朝があったのでしょうか。 歴史上の人物や日本との関係とともに詳しく見てみましょう。 目次 1 タイの簡単な歴史年表2 タイの歴史2.1 古代のタイ2.2 タイ族初の王朝:スコータイ王朝2.3 世界的な交易で栄えたアユタヤ王 […]

最新情報をチェックしよう!