ミャンマークーデターはなぜ発生?原因や背景、ロヒンギャ問題の影響

2021年1月31日全世界に衝撃が走りました。それが「ミャンマーでクーデター」です。

「民主主義が崩壊する」とも言われており、各国とも懸念を強めています。

そこで今回はこの「ミャンマーのクーデター」についてなぜ起こったのか、歴史や背景とともに解説いたします。

ミャンマーの基礎知識

地理

ミャンマーは東南アジアに位置して東にタイ、西にバングラデシュやインドといった国に囲まれている国です。首都はヤンゴンでしたが、2006年に移転して現在はネピドーになっています。仏教徒のビルマ族が大多数を占める国で、言語はミャンマー語です。

軍政から民主化した歴史

ミャンマーのルーツをさかのぼると、11世紀半ばのビルマ族がパガン王朝を建てた頃になります。そして、近代では1886年に英国領インドに編入され、イギリスの支配下にありました。

 

そして、第二次世界大戦中に日本軍の訓練を受けた指導部のもと、1948年にビルマ連邦として独立します。その指導者の中の一人が英雄と呼ばれるアウン・サン将軍です。

彼は今メディアで話題のアウン・サン・スー・チー氏の父です。そして、その後1962年に軍事クーデターが発生して社会主義政権が樹立します。

閉鎖的な経済政策を取ったため、ミャンマー経済は停滞して1988年に社会主義政権は崩壊します。この時に民主化のデモがあったのですが、その指導者がアウン・サン・スー・チー氏です。軍事政権側は彼女を拘束して自宅軟禁状態にします。

 

ちなみに、アウン・サン・スー・チー氏はイギリスのオックスフォード大学の学位を持っており、日本にも留学経験があります。また、イギリス時代に知り合ったイギリス人と結婚していますが、 彼女が自宅軟禁中に夫は死亡します。

また、自宅軟禁中の1991年にノーベル平和賞を受賞して、解除後の2012年にノルウェーにて正式に受賞しました。

そして、2010年に新しい憲法に基づく総選挙が実施されて、その後軍政から民主的な政府に変わって今日までゆっくりと民主化と経済改革を進ませながら発展してきました。

クーデターはなぜ起きた?原因は?

クーデターを起こしたミャンマー国軍側は2020年11月に行われた総選挙で、アウン・サン・スー・チー氏が率いるNLD(国民民主連盟)が不正選挙を起こしたと主張して、不正がただされないためクーデターを起こしました。

この不正選挙を視聴する背景には、アウン・サン・スー・チー氏と軍部の緊張関係があります。

簡単に言うと、軍部の人間はミャンマーの政治にたいして強く関わることが可能で、 この部分を改革したかったアウン・サン・スー・チー氏とは仲が悪かったのです。 軍からしてみると自分の既得権益が奪われてしまいます。

その結果、不正選挙を口実にクーデターが起きたと言われています。

ミャンマークーデター日本への影響

日系企業の影響が大きいと言われています。ミャンマーには400社以上の日本企業が現地でビジネスを展開しており、現地の駐在員の安全確認や一部では帰国対応などを求められています。

特にミャンマーの経済特区と指定されていたヤンゴン郊外の「ティラワ経済特区」には住友商事、三菱商事、丸紅などが事業に携わっており、日本政府としても電力や交通などインフラに1000億近くの円借款をして支援を続けてきました。

不本意な形で政権が変わるとなると、ビジネスはもちろん国家間の関係も大きく変化しそうです。

ミャンマークーデターに対する国際社会の反応

各国はクーデターを非難するような声明を出しましたが、中国の外務省は「ミャンマーは友好国」だと言い切りクーデターを非難しませんでした。

この背景には、米中関係が悪化して中国は中国南部の内陸部からインド洋に通じるルートとなるミャンマーの地理的な重要性を考えてミャンマーを擁護したと見られています。

 

さらに、1980年代の後半から2000年の後半ぐらいまで20年間ほどミャンマーに対して一番の支援をしていたのは中国でした。当時の軍事政権が民主化を求める団体を弾圧したため国際的な非難が集まり、欧米からミャンマーは制裁を科されました。

日本もわずかながら遠慮はしていましたが、一番ミャンマーを支えていたのは中国です。

そのため今回のクーデターに対しても欧米諸国はミャンマーに対して制裁を課すなど厳しい姿勢を取ろうとしていますが、その一方で制裁をしてしまうとミャンマーで中国の影響力が強まってしまいます。

そのため、各国は絶妙な舵取りをしなければなりません。特にアメリカではバイデン新政権が誕生し、最初の関門となっています。言い換えれば、民主主義を重視するバイデンの対応に世界中が注目しています。

ロヒンギャ問題

各国が問題に思っている事柄に、「ロヒンギャ問題」があります。ロヒンギャの定義は非常に曖昧なのですが、一般的にはインドのベンガル地方であるバングラデシュに起源を持ち、イスラムを信仰しておりロヒンギャを話す人々と言われています。

ミャンマーは仏教国であり、人口の90%が信仰しています。だからロヒンギャは必ずマイノリティになり、追いやられる存在になるのです。ミャンマー国内ではロヒンギャは不法移民だという見方が一般的です。

そして、軍政時代には、 強制労働や財産没収などかなりひどい扱いを受けてきました。そのため、マジョリティであるミャンマー人にとっては、そういった対象の認識でしかないのです。

 

先ほど出てきたアウン・サン・スー・チー氏ですが、彼女は世界各国から民主化を推し進めたとして称えられてきました。その一方でロヒンギャ問題に対してはノータッチであるという批判も浴びていて、 最近では称賛よりも批判の方が大きくなっていました。

しかし、アウン・サン・スー・チー氏は全くロヒンギャ問題に関心を持っていなかったというわけではありません。実は現在のミャンマーの統治にふたつ問題があります。

 

ひとつは彼女にミャンマー国軍を動かす権限がないことです。ロヒンギャを嫌っているミャンマー国軍を上から統制しようと思っても、憲法でアウン・サン・スー・チー氏の権限が縛られていてそれができません。

また、ふたつめが世論です。ミャンマー人の世論を見てみると、ロヒンギャに対して関心を抱いている人が少なく冷たい態度を取っています。

世論がロヒンギャ問題を解決することは重要なことだと思っていないため、「国民のために」ロヒンギャ問題をどうにかするという原動力にもなりません。

ミャンマー人のインタビューなどを見てみると、アウン・サン・スー・チー氏のことは好きで支持しているけど、ロヒンギャのことはそうではないといった考えもあります。世論とアウン・サン・スー・チー氏にねじれがあることも原因です。

 

その構造とロヒンギャ問題を残したまま、クーデターが起こり軍事政権になってしまいました。 ミャンマー国軍の方がロヒンギャに対して厳しい姿勢をとっています。そのため、ロヒンギャ問題の解決はもっと難しくなるでしょう。各国の人権団体はこの状況を危惧しています。

まとめ

今回は2021年1月31日に発生したミャンマーのクーデターについて解説しました。ポイントとなるのは、アウン・サン・スー・チー氏と軍部の不仲、そしてロヒンギャ問題の行方です。

わたしたち日本人も同じアジアに生きる人間としてしっかりと注視していきたいですね。

ぜひ、この記事を参考にしてみてください。

10分で1冊読書して教養を深めるなら「flier(フライヤー)」

本の要約サービスflierフライヤーは本の要約を紹介するサービスです。1冊の本を10分で読めるように内容を要約しています。

たとえば、以下の内容です。

  • 本を全部読むのがめんどくさい
  • 読書をする時間がない

こういった悩みを抱えている人にぴったりの時短読書ツールです。

さらにflier(フライヤー)にはこのようなメリットがあります。

  1. 2000冊以上の要約がある
  2. すべての要約は出版社や著者からの許諾を取得済み
  3. 会員数30万人超えの最大大手
  4. プロのライターが要約を行う
  5. 要約を音声で聞ける
  6. 料金がたったの月額500円〜

ぜひ、この機会にお試しください!

一冊10分で読める! 本の要約サービス【フライヤー】

今回は台湾の有名人についてご紹介します。 歴史上で有名な人もいますが、歌手やタレントでも人気な方もいます。また、日本人の中にも台湾で有名な人もいます。 詳しくみてみましょう。 目次 1 台湾の歴史上の有名人1.1 鄭成功1.2 蒋介石1.3 李登輝2 台湾の男性有名人2.1 周杰倫2.2 周渝民2. […]

北朝鮮(英語名:North Korea、Democratic People’s Republic of Korea)は正式名称で朝鮮民主主義人民共和国(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこく)と言います。 この北朝鮮はいったいどのような国で、どのような文化があるのでしょうか。 基本 […]

中国は世界2位の経済大国ですが、日本と同じように諸問題を抱えています。 たとえば、民族や社会、環境問題です。これらは具体的に何が問題なのなのでしょうか。 詳しく見てみましょう。 目次 1 中国が抱える民族問題2 中国が抱える社会問題2.1 少子高齢化の現状2.2 なぜ少子高齢化なったのか?原因は?2 […]

日本が朝鮮半島を統治する前まで、朝鮮半島には朝鮮王朝がありました。 しかし、この王朝は滅びることになります。なぜ、朝鮮王朝は滅び日本は朝鮮半島を統治するようになったのでしょうか。 簡単にわかりやすくご説明します。 目次 1 韓国併合とは?わかりやすく解説2 朝鮮王朝とは2.1 簡単な歴史3 なぜ朝鮮 […]

|日米同盟(Japan-US alliance)は日本と世界の安全を守ってきました。 この日米同盟はどのような歴史を歩んできて、メリットやデメリットはどういったものがあるでしょうか。 問題点と合わせてわかりやすくご説明します。 目次 1 日米同盟の歴史と変遷1.1 1951年〜1957年旧安保条約時 […]

香港は中国とイギリスの文化の両方の影響を受けながら発展してきたので、独特な文化が特徴的です。 そこで、今回は香港文化の特徴、イギリスの影響を受けた文化、日本との違いについてわかりやすく簡単にご説明します。 目次 1 香港の文化の特徴1.1 食事した後に片付けない1.2 クーラーが効きすぎ1.3 テー […]

今回は台湾の政治体制について説明します。 台湾にはどういった政治政党があって、台湾の政治的な強みは何でしょうか。また、現在の台湾政治を巡る情勢はどうなっているのでしょうか。 わかりやすく解説します。 目次 1 台湾の政治体制について1.1 台湾は民主主義1.2 中華民国の歴史を簡単におさらい2 台湾 […]

南北朝鮮の統一は韓国と北朝鮮がひとつの国家になることです。 しかしながら、朝鮮戦争が今でも継続している上に、韓国と北朝鮮の間にさまざまな問題があって統一には至っていません。 そこで今回はこの朝鮮統一問題について、可能性やメリット、デメリットなどについてわかりやすく説明します。 目次 1 南北朝鮮の統 […]

中国は国内で戦争を起こしてきた歴史がありますが、現在では対外に向けて軍拡を進めています。 中国の軍事状況はどうなっているのでしょうか。また、なぜそこまで軍事力を強化させているのでしょうか。 簡単にわかりやすく解説します。 目次 1 中国は戦争の準備を本格化させている?1.1 中国の空母2 中国、アメ […]

次回の大統領選挙は2022年3月に開催されます。 韓国大統領はなぜ悲惨な末路を辿るのでしょうか。歴代大統領の功績と歴史などと一緒にご説明いたします。 目次 1 韓国の歴代大統領と末路2 韓国の大統領はなぜ悲惨な末路を辿るのか3 韓国の大統領から読み解く韓国の歴史3.1 李承晩時代に朝鮮戦争が起こり竹 […]

最新情報をチェックしよう!