SEARCH

「シンガポール」の検索結果11件

  • 2021年5月15日

【マレーシアの歴史まとめ】年表つきで簡単にわかりやすく説明

マレーシアは東南アジアに位置する国です。 当然ながら、日本とは歩んできた歴史が異なります。 そこで今回はマレーシアの歴史について簡単にわかりやすくご説明します。 マレーシアの歴史年表 マレーシアの歴史の年表は以下のようになっています。 年 できごと 1402年 マラッカ王国成立 1405年 明の艦隊 […]

  • 2021年5月11日

【マレーシア経済】成長率推移や今後の見通しを特徴や政策と共に紹介

マレーシアの経済は発展し続けています。 これまでの経済成長率や今後の見通し、そして、経済の特徴や問題点は何だったのでしょうか。また、経済成長した理由についても詳しく解説します。 マレーシア経済の成長率推移 IMFによると、マレーシアの経済成長率は以下のようになっています。 また、国民経済計算マニュア […]

  • 2021年5月18日

【マレーシア基本情報】移住する人が増える理由やなぜ親日なのか解説

マレーシアは移住先として注目されていますが、何が魅力なのでしょうか。 また、物価が安い理由や親日なのはなぜなのでしょうか。 簡単にわかりやすく説明します。 マレーシアの基本情報 項目 内容 国名 マレーシア(Malaysia) 首都 クアラルンプール 面積 約33万キロ平方メートル 人口 3195万 […]

  • 2021年5月9日

【シンガポール文化】文化がない?日本との違いや特徴とともに解説

シンガポールはアジアの小国ですが、「文化がない」とも言われます。 そこで今回は実際のシンガポールの文化について食文化から暮らしの習慣、文化遺産や歴史的文化について簡単にわかりやすく説明します。 シンガポールには文化の特徴がない?! シンガポールに文化がないと言われるのは、独自の文化を持っていないから […]

  • 2021年5月8日

【シンガポールの政治体制】明るい北朝鮮と言われる理由や社会保障を解説

シンガポールは明るい北朝鮮とよく呼ばれますが、実際はどういった政治体制を取っているのでしょうか。 シンガポールの政治の特徴や社会保障の特徴について簡単にわかりやすく説明します。 シンガポールの政治体制・制度 シンガポールの政治体制は立憲共和制です。大統領が元首、政府の長として首相がいます。 国家元首 […]

  • 2021年5月5日

多民族国家シンガポールはなぜ独立したの?|疑問の回答まとめ

シンガポールは東南アジアに位置する都市国家です。 そんなシンガポールはなぜ独立したのか、多民族国家なのか疑問に思うことはありませんか。 これらの素朴な疑問をまとめて簡単に説明します。 シンガポールはなぜ独立したのか シンガポールが独立したのは、マレー人と華人の対立が原因です。 1965年8月9日にマ […]

  • 2021年5月5日

【シンガポールの経済】なぜ発展?特徴や成長率推移とあわせて紹介

シンガポールは東南アジアに位置する都市国家です。 そのシンガポールはどのように経済発展して豊かになり、どういった経済的な特徴があるのでしょうか。 また、今後のシンガポール経済はどのようになるのでしょうか。 簡単にわかりやすく解説します。 シンガポールはなぜ発展して豊かになった? シンガポールは強い政 […]

  • 2021年5月9日

【基本情報】シンガポールの基礎知識|面積から人種、人口まで解説

シンガポールは日本人にとって人気の旅行地であり就職地です。 そんなシンガポールはどういった国なのでしょうか。基本的な情報と合わせて簡単にわかりやすくご紹介します。 シンガポールの基本情報 項目 詳細 国名 シンガポール共和国 (Republic of Singapore) 首都 シンガポール 面積 […]

  • 2021年5月4日

【まとめ】シンガポールの歴史を簡単にわかりやすく解説

シンガポールは東南アジアに位置する小さな国です。 しかし、この国は都市国家として発展しています。シンガポールにはどういった歴史があってどのような過去を歩んできたのでしょうか。 わかりやすく簡単にご紹介します。 シンガポールの成り立ち シンガポールの名前の由来 シンガポールの最も古い歴史は3世紀ごろで […]

  • 2021年10月8日

北朝鮮の拉致問題をわかりやすく解説|現在は?被害者は帰国?

北朝鮮と日本の国交を回復するためには、拉致問題の解決が大事だと言われています。 この拉致問題はどういったもので、日本の被害者は誰がいるのでしょうか。 簡単に分かりやすくご説明します。 北朝鮮の拉致問題とは 拉致問題をわかりやすく理解 北朝鮮の拉致問題とは、簡単に言うと誘拐事件です。 北朝鮮国内で人々 […]