台湾のお金をわかりやすく解説!お札や硬貨に書いてあるのは誰?

今回は台湾のお金について解説します。

同じ中国語圏でも国によって通貨が異なるので、混乱するかもしれません。そこで今回は台湾のお金に焦点を当てて、お札の単位や種類について解説します。

台湾の通貨

台湾では、「元(げん)」が使われています。ここでいう元は中国の元(人民元)とは異なり、台湾ではNTD(ニュー台湾ドル)とも言われています。また、現地では塊(クァイ)という言い方もします。

2019年現在では、1元およそ3.6円です。為替は変動するので、一概には言えませんが、およそ3.5円ほどを行き来しています。

台湾の通貨

台湾には、これらのお金があります。

硬貨 お札
50元 (2000元)
(20元) 1000元
10元 500元
5元 (200元)
1元 100元
5角

お札は100元(日本円でおよそ350円)から2000元(日本円でおよそ7000円)まであります。治安が悪い国ほど、高いお札は犯罪防止のために刷れないことになっていますが、台湾はそこそこ高額な紙幣も取り扱っています。

ただし、あまり2000元札を使うことは少なく、1000元札がATMなどから出てきます。200元も同じように使いません。

 

一方で、硬貨は6種類ほどあって、10元、20元、50元は日本の100円玉より少し大きいくらいです。ちなみに、2000元や200元札同様、20元もあまり流通していません。

台湾の通貨に描かれた人物は誰?

通貨の人物はほとんど、蒋介石と孫文です。これは第二次世界大戦後、台湾を統治し始めた蒋介石と、中華民国を建国した孫文の偉業を表しています。

それでは紙幣と通貨ごとに詳しく見てみましょう。

紙幣は誰?

金額 大きさ 表面 裏面
2000元(紫) 165 × 70 mm 台湾初の科学実験衛星FORMOSAT-1 タイワンマス と南湖大山
1000元(青) 160 × 70 mm こどもが地球儀を見ている姿 ミカドキジ と玉山
500元(茶) 155 × 70 mm 何王小学校の野球チーム タイワンシカと大霸尖(ダバジャン)山
200元(緑) 150 × 70 mm 蒋介石 中華民国総統府
100元(赤) 145 × 70 mm 孫文 中山楼

2000元

2000元は大きさ165×70mmで、台湾初の科学実験衛星FORMOSAT-1が描かれています。2002年から使用開始されて、近代台湾の技術力が分かるデザインになっています。裏面はタイワンマスという魚と南湖大山(ナンフダイザン)という山です。

1000元

1000元は大きさ160×70mmで、こどもが地球儀を見ている姿が描かれていて、初等教育をイメージしたものです。また、裏面はミカドキジと玉山です。玉山は富士山より高い、台湾で一番高い山なので1000元が事実上一番高いお札として扱われているのが納得できますね。

500元

500元は大きさ155×70mmで、世界で活躍した何王小学校の野球チームたちがデザインされています。裏面はタイワンシカと大霸尖(ダバジャン)山が書かれていて、動物と自然のワンセットになっています。

200元

200元は大きさ150×70mmで、蒋介石が椅子に座っている姿が書かれています。また、裏面は中華民国総統府で、とてもオーソドックスなデザインです。この紙幣を間近で見る機会があれば幸運です。

100元

100元の大きさは145×70mmで、孫文が表面に印刷されています。台湾の社会では100元札を使うことが多く、これが無いと生活が成り立ちません。また、裏面は中山楼(ちゅうざんろう)という、孫文の生誕100周年を記念して作られた多目的ホールが書かれています。

硬貨は誰?

金額 直径 重さ 主な成分 デザイン
50元 28 mm 10 g 92%が銅 孫文
20元 26.85 mm 8.5 g 92%が銅 モーナ・ルダオ
10元 26 mm 7.5 g 75%が銅 孫文と蒋介石
5元 22 mm 4.4 g 75%が銅 蒋介石
1元 20 mm 3.8 g 92%が銅 蒋介石
5角 18 mm 3 g 97%が銅 梅の花

50元

50元は直径が28mm、重さ10gで92%が銅でできています。日本の硬貨とは違って、人物(孫文)が描かれています。

20元

20元は直径26.85mm、重さ8.5gで92%が銅です。現在ではあまり使われません。霧社(むしゃ)事件という日本統治時代に日本と戦ったときのリーダー、モーナ・ルダオが印刷されています。

10元

10元は直径26mm、重さ7.5gで75%が白銅です。孫文と蒋介石の肖像画が書かれています。10元は台湾社会でよく使う硬貨なので、多くの人が目にします。

5元

5元は直径22mm、重さ4.4gで75%が白銅です。蒋介石の肖像画が書かれています。5元も10元と同様に台湾社会でよく使う硬貨です。

1元

1元は直径20mm、重さ3.8gで92%が銅です。日本の10円玉にそっくりなルックスです。蒋介石の肖像が描かれています。

5角

5角(かく)は直径18mm、重さ3gで97%が銅です。梅の花が書かれています。あまり角を使うことはありませんが、2角で1元と同じ価値です。

まとめ

今回は台湾のお金についてご説明しました。

台湾は元が使われていて、肖像画や動物、自然のデザインが施されているのがポイントです。

ぜひ、この記事を参考にしてみてください。

今回は台湾のデモについてご紹介します。 台湾では近年、デモが多発していてその原因もさまざまです。どういった理由でデモが行ったでしょうか。 台湾のデモについてわかりやすく解説します。 目次 1 台湾のデモはふたつある!2 ひまわり学生運動2.1 ひまわり学生運動とは2.2 なぜ「ひまわり」なのか2.3 […]

今回は台湾の政治体制について説明します。 台湾にはどういった政治政党があって、台湾の政治的な強みは何でしょうか。また、現在の台湾政治を巡る情勢はどうなっているのでしょうか。 わかりやすく解説します。 目次 1 台湾の政治体制について1.1 台湾は民主主義1.2 中華民国の歴史を簡単におさらい2 台湾 […]

今回は台湾のコロナ対策について簡単に解説します。 日本のメディアでも連日、台湾のコロナ対策はすごいと報道されていますが、実際のところ、何がすごいのでしょうか。 この部分をわかりやすく解説します。 目次 1 台湾のコロナ対策の成功理由1.1 中国からの個人旅行客停止という制裁を受けていた1.2 過去に […]

今回は台湾の歴史について解説します。 日本から身近な海外旅行の土地として人気な台湾ですが、日本の統治を受けていたり、中華人民共和国と戦争寸前までいったりと大変な歴史を歩んできました。 その歴史についてクローズアップしてみましょう。 以下が簡単な歴史のまとめです。 オランダ、スペインの統治 鄭成功の統 […]

台湾は日本人にとって人気の旅行地ですが、なぜ人気なのでしょうか。 また、親日で有名ですが、中国語を彼らは喋るのに中国ではありません。 ここにはどういった背景があるのでしょうか。簡単にわかりやすくご説明します。 目次 1 台湾はなぜ人気なのか1.1 理由その①:日本から距離が近い1.2 理由その②:グ […]

最新情報をチェックしよう!