竹島問題の日本と韓国の主張を簡単に分かりやすく解説|原因や歴史は?

竹島問題とは、竹島(韓国名:独島ドクト)を巡る日本と韓国の領土問題です。

韓国側と日本側はそれぞれ竹島に関して主張をしていますが、どういった内容なのでしょうか。

また、現在は韓国が実効支配をしていますが、ここに至るまで何があったのでしょうか。

簡単に分かりやすく解説します。

竹島問題とは

竹島は日本と韓国の両方が領土の主張をしている問題です。

しかし、日本政府は「初めから日本固有の領土である」という理由で領有権の紛争がないという立場です。

一方の韓国は領有権の紛争があると認めています。

現在は日本が島根県の一部だとしながら、韓国が実効支配をしています。

なぜこのようになったのか歴史を見ながら紐解いていきましょう。

竹島に関する韓国の主張

結論から簡単に言えば、韓国は竹島を古くから認知している領土であり、日本が1910年から朝鮮半島を統治し始めます。そして、敗戦後に日本は朝鮮半島の領土を放棄したので、その放棄した中に竹島も含まれるということです。

つまり、竹島も韓国の領土として返ってきたという主張です。

1952年の李承晩ラインで韓国が竹島を実効支配

1952年1月に当時の李承晩大統領が、韓国周辺の漁業管轄権を主張する李承晩(りしょうばん)ラインを提唱します。

その中に竹島は組み込まれていました。

そして、1954年に韓国沿岸警備隊が竹島に駐留するようになります。

 

ちなみにこの李承晩ラインを根拠にして、多くの日本漁船が拿捕されたり、日本人が抑留されたりしています。

特に1953年の第一大邦丸事件では、日本の漁船が突如韓国警備艇の攻撃を受けて、民間の日本人が殺害され虐待されました。

古い文献に竹島が出現

韓国の古い文献である「三国史記(1145年)」などを見ると、「于山島(うざんとう)」が出てきます。これこそが現在の竹島であり、当時は竹が生えて多くの人が住んでいたと言っています。

また、安龍福(あんりゅうふく)という人物は17世紀に、日本に対して竹島が朝鮮領であると抗議して、日本と朝鮮の交渉が始まって竹島は朝鮮領となり、日本人の竹島渡航が禁じられたと韓国は主張しています。

竹島に関する日本の主張

外務省によると、竹島に関して日本は以下の3つの点を主張しています。

  1. 竹島は、歴史的事実に照らしても、かつ国際法上も明らかに我が国固有の領土です。
  2. 韓国による竹島の占拠は、国際法上何ら根拠がないまま行われている不法占拠であり、韓国がこのような不法占拠に基づいて竹島に対して行ういかなる措置も法的な正当性を有するものではありません。
  3. 我が国は竹島の領有権をめぐる問題について、国際法にのっとり、冷静かつ平和的に紛争を解決する考えです。

出典:外務省『竹島 なぜ日本の領土なのかがハッキリわかる!竹島問題10のポイント』

日本は古くから竹島を認知

日本は古くから竹島を認知していましたが、韓国が古くから「于山島(うざんとう)」という名前で竹島を所有していたことに関しては、現在の大きさや位置と合わせると、存在しない島であると言っています。

そして、日本は17世紀半ばには竹島の領有権を確立しました。

また、竹島の近くに韓国領の鬱陵島(うつりょうとう)があります。

江戸時代は鬱陵島の渡航が禁止される一方で、竹島への渡航は禁止されませんでした。

韓国はこの時に安龍福という人物の抗議をきっかけに、交渉によって竹島は朝鮮領となって日本人の竹島渡航は禁止になったと主張していますが、禁止されたのは鬱陵島です。

その後、1905年に閣議決定をもって竹島を島根県に編入しました。

サンフランシスコ平和条約で竹島は放棄していない

日本は1951年のサンフランシスコ平和条約で、朝鮮独立を承認するとともに済州島、巨文島及び鬱陵島を含む朝鮮の領土を放棄します。

ちなみにこのタイミングで韓国側はアメリカに「日本が朝鮮並びに済州島、巨文島、鬱陵島、独島及びパラン島を含む日本による朝鮮の併合前に朝鮮の一部であった島々に対するすべての権利、権原及び請求権を1945 年8月9日に放棄したこと」にさせるように書簡を送っていました。

こちらは後にアメリカ側から否定されています。

 

また、日本がまだ占領されていた1951年には竹島で米軍の爆撃訓練が行われていました。

つまり在日米軍が竹島を使用していたということは、竹島が日本の領土であることと同じです。

なぜ李承晩ラインに対抗しなかったか

1952年4月のサンフランシスコ平和条約が発行される直前の同年1月に韓国は李承晩ラインを制定して竹島の領有権を主張しますが、この時の日本は国家としての主権がありません。つまり、何もできない状態でした。

サンフランシスコ平和条約前まで、GHQが日本漁業の操業区域として示したマッカーサーラインがありました。しかし、こちらはサンフランシスコ平和条約発効で無効化されます。

韓国側はこの隙をついて李承晩ラインで竹島の実効支配を強めるのでした。

竹島問題は日韓基本条約で棚上げ

竹島問題は1965年に結ばれた日韓基本条約で棚上げになります。

この背景には、日韓が竹島密約で合意していたと言われています。内容は以下の通りです。

  1. 独島は今後、韓日両国ともに自国の領土と主張することを認め、同時にこれに反論することに異議を提起しない
  2. 将来、漁業区域を設定する場合、両国が独島を自国領土とする線を画定し、2線が重複する部分は共同水域とする
  3. 現在韓国が占拠した現状を維持する。 しかし警備員を増強したり新しい施設の建築や増築はしない
  4. 両国はこの合意をずっと守っていく

出典:Wikipedia『竹島問題』

この密約は現代では守られていないことになりますが、その裏に北朝鮮と韓国の対立があったと言われています。

韓国側は、日本が韓国を朝鮮半島を代表する政府だと認めて、経済発展に必要な資金を援助してもらうという思惑がありました。

一方で、世界ではベトナム戦争が起こっており、アメリカは同盟国との結束を強めようとしていました。そのためには、日韓の関係を改善しないといけないというアメリカの強い後押しもあって日本は韓国との国交を回復するのでした。

まとめ

今回は竹島問題について解説しました。

竹島問題について日本は問題の存在について認めていませんが、争っているのは確かです。

しかし、国際法にのっとり、冷静かつ平和的に紛争を解決することを方針としているので、対話で解決することが望まれます。

国際情勢の変化などやトップ同士の関係によって、解決に至る可能性もあります。

私たちはこの問題について理解を深めてその時を待つのが適切です。

ぜひ、参考にしてみてください。

10分で1冊読書して教養を深めるなら「flier(フライヤー)」

本の要約サービスflierフライヤーは本の要約を紹介するサービスです。1冊の本を10分で読めるように内容を要約しています。

  • 本を全部読むのがめんどくさい
  • 読書をする時間がない

こういった悩みを抱えている人にぴったりの時短読書ツールです。

さらにflier(フライヤー)にはこのようなメリットがあります。

  1. 2000冊以上の要約がある
  2. すべての要約は出版社や著者からの許諾を取得済み
  3. 会員数30万人超えの最大大手
  4. プロのライターが要約を行う
  5. 要約を音声で聞ける
  6. 料金がたったの月額500円〜

ぜひ、この機会にお試しください!

一冊10分で読める! 本の要約サービス【フライヤー】

台湾有事は近いうちに起こる紛争だと言われています。 台湾有事のシナリオはどういったものなのでしょうか。また、発生する可能性はどれだけあって、日本の自衛隊の対応はどうなるのでしょうか。 簡単にわかりやすくご説明します。 目次 1 台湾有事とは2 台湾有事の可能性は?いつ?3 台湾有事のシナリオ3.1 […]

北方領土問題は、日本とロシアの間で北方四島(択捉島、国後島、色丹島及び歯舞群島)がどちらに帰属するのか争っている問題です。 日本とロシアが双方に違う主張をしていますが、難しくてよく分かりませんよね。 そこで今回は北方領土とはどういったところなのか、日本とロシアのそれぞれの主張を詳しくみてみましょう。 […]

敵基地攻撃能力(英語:the capacity to attack enemy bases)とは、相手国の基地を攻撃する能力を保有することです。 日本では、こちらの能力を保有するかどうかで議論がなされていますが、何が問題でなぜ持つべきなのか分かりませんよね。 そこで今回は敵基地攻撃能力とは何か、なぜ […]

|日米同盟(Japan-US alliance)は日本と世界の安全を守ってきました。 この日米同盟はどのような歴史を歩んできて、メリットやデメリットはどういったものがあるでしょうか。 問題点と合わせてわかりやすくご説明します。 目次 1 日米同盟の歴史と変遷1.1 1951年〜1957年旧安保条約時 […]

日米関係はどういった過去を辿ってきたのでしょうか。 また、現在の日米関係はどういったもので、問題点や課題はあるのでしょうか。 簡単にわかりやすくご説明します。 目次 1 第二次世界大戦までの日米関係1.1 17世期初頭から間接的な交流が始まる1.2 日本が開国しても対等とはみなされず1.3 太平洋戦 […]

最新情報をチェックしよう!